症例写真

症例写真

内服で美白

美容皮膚科 美肌 30代 / 女性
施術内容
トラネキサム酸内服

肌全体にくすみがあります。美白を目指すためにまずは普段のスキンケアをチェックし悪いところを見直し、トラネキサム酸内服を開始します。
女性ホルモンのバランスの乱れなどが原因とされる肝斑、この内服治療に多く用いられるのがトラネキサム酸です。トラネキサム酸は肝斑の原因であるメラノサイト活性因子のプラスミンの発生を抑える効果が期待できます。女性ホルモンの乱れ自体を抑える効果はないですが、シミの根本の原因を抑えることから症状の悪化を防ぐのが目的です。逆に言えば女性ホルモンをコントロールしてシミを改善するタイプではないので、ホルモンのバランスをかく乱する恐れはなく体に優しい成分とも言えます。

症例写真 術前 トラネキサム酸内服
Before
症例写真 術後 トラネキサム酸内服
After

トラネキサム酸を3ヶ月内服しました。スキンケアの見直しと内服だけでもかなり肌の色が明るく改善しています。

熱海院 院長 兼 美容皮膚科指導医長
熱海院 院長 兼 美容皮膚科指導医長
小林 美幸 医師
処置方法 1日2〜3回、食後に内服します。
リスク・副作用 食欲不振、悪心、嘔吐、胸やけ、眠気、そう痒感、発疹など
費用 4,800円(税別)

「ホームケア」を
もっと知りたい方はこちら