美容皮膚科の美容コラム

美容コラム

シミ・そばかす・肝斑の違いはどこ?治療方法も違うの?

美容皮膚科
シミ・そばかす・肝斑の違いはどこ?治療方法も違うの?
  1. シミ・そばかす・肝斑の見分け方は?
  2. 次々出てくるシミやそばかすでも消すことは可能?
  3. 美容皮膚科での治療が効果的
  4. 自己判断は避けてプロのアドバイスを

顔にできたシミは細かいものでも、気になるものです。しかし、その気になっているものは本当にシミでしょうか?もしかしたらそばかすや肝斑かもしれません。シミもそばかすも肝斑も見た目は似ていますが、実は全く違うものです。


ではどこがどのように違うのでしょうか?きちんと見分けられるように、どんな違いがあるのか知っておきましょう。


|シミ・そばかす・肝斑の見分け方は?


普段シミと呼ばれているものは、紫外線の影響でできる老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)です。シミと言った場合、約6割がこの老人性色素斑です。紫外線を浴びた箇所が時間の経過とともに茶色くなるため、老人性という名前が付けられています。境界線がはっきりとした、薄茶色の円形または楕円形の色素沈着で、40歳ごろから頻繁に見られるようになります。


そばかすは、正式名称を雀卵斑(じゃくらんはん)という、薄い茶色や黒褐色の細かい斑点のことです。一般的にシミと呼ばれる老人性色素斑と比較すると、ひとつひとつの斑点が細かく、鼻の周辺や頬など現れる箇所が限られています。ただし、発生する部位が顔に限られているのではなく、腕などに出ることもあります。老人性色素斑が40歳前後に多く見られるのに対して、そばかすは10代の思春期に多く見られるという傾向があります。


そばかすには見分けやすい特長があり、夏場は色が濃くなり、冬場は色が薄くなるといった変化が見られるところや、思春期を過ぎると徐々に色が薄くなってくるところなどが挙げられます。


肝斑は、複雑な形をした薄茶色の色素斑で、頬やあご、鼻の下などに左右対称にできるのが特長です。30代以降の女性によく見られる症状で、閉経後はほとんど発症する例がなく、閉経を境に肝斑が薄くなったり消えたりすることが多いため、女性ホルモンの分泌が大きく関係していると考えられています。


そのため、女性特有のシミとして知られていますが、男性にも女性ホルモンの分泌はあるため、バランスが崩れると、男性にもまれに肝斑が発症することがあります。


|次々出てくるシミやそばかすでも消すことは可能?


次々出てくるシミやそばかすでも消すことは可能?


紫外線の影響でできるシミや遺伝性のそばかすは、表面の色を薄くしても、またすぐに奥から浮かび上がってくるのではないかと心配する方もいます。確かに、表面のシミを取り除いただけでは、しばらくすると奥に潜んでいたシミが表面に出てくるため、元に戻ってしまったと感じるかもしれません。


しかし、美容皮膚科などで治療を行うときは、シミを薄くする治療を行うのと同時に、予防のための治療も行います。ですから、既にできてしまっているシミが最初のうちは続けて出てきても、適切な方法で予防を続けていけばシミは出てこなくなります。


また、そばかすは遺伝性の傾向がありますが、表面のそばかすの色を薄くするのと同時にそばかすをできにくくする治療を行えば、繰り返し出てくるのを防げます。


シミやそばかすをきちんと消すことができるかどうかは、症状に合った治療法を選び、正しいアフターケアができるかにかかっています。


|美容皮膚科での治療が効果的


美容皮膚科での治療が効果的


気になるシミやそばかす、肝斑などは、放っておいてもなくなりません。もちろん、メイクで隠しても根本的な解決にはなりません。ですから、本格的な治療を受けるかどうかは別として、一度専門医に相談してみることをおすすめします。


シミやそばかすは病気ではないため、治療を受けるのであれば一般皮膚科よりは美容皮膚科が良いでしょう。美容を目的としたトラブルの解決が可能なのは美容皮膚科で、美容目的に開発されたマシンや薬も使って治療を行えるのが特長です。シミをターゲットにした治療法も選択肢が多いため、マシンによる施術だけでも数種類の中から症状に合ったものを選ぶことができます。


例えば、同じ老人性色素斑でも、輪郭がはっきりした色の濃いものや範囲の広いものはレーザー治療が合いますが、色の薄いものはレーザーがうまく反応しないこともあるため、光治療が適しています。


一般皮膚科でも、レーザーや光治療を受けられるところはありますが、どのくらいの濃さがどちらに合うかは専門医であっても治療実績が少ない場合は判断が難しいところです。その点、シミの治療実績の多い美容皮膚科であれば、的確に合う方を選んで治療をしてもらえます。


また、美容皮膚科では、単に色を薄くするだけでなく、肌全体の美しさに配慮した治療が行われます。シミを薄くしながら、気になるシワやニキビなども同時に治療するということが可能ですから、気になる点が他にもあるのならついでに相談しておくと良いでしょう。


シミとは全く異なる肌トラブルが、シミを改善するのに使われるマシンやスキンケア用品で、同時に治療できる場合もあります。美容皮膚科に相談すれば、自宅でのケアの仕方も指導してもらえるうえに、スキンケア用品やサプリメントなども適したものを選んでもらえるため、自己流のケアで悪化させる前に、悩みを相談してみることは大事です。


|自己判断は避けてプロのアドバイスを


自己判断は避けてプロのアドバイスを


シミ、そばかす、肝斑の3つは見た目が似ていても発症する条件や原因が違い、効果的な治療法もそれぞれ違います。ですから、自己判断で美白化粧品などを用いて薄くしようとするのは避けた方が無難です。


間違ったケアで悪化させた後で慌てて医師に相談するのではなく、早めに相談して正しいケアをするようにしましょう。ケアを早く始めれば、その分早く悩みが解消されます。


聖心美容クリニックの美容皮膚科施術一覧へ